連絡先 03-3234-1816 メール問い合わせ

反戦平和活動

反戦平和活動

私たちは労働者が先頭に立って戦争反対の運動に取り組もうと様々な労働組合で作った『労組反戦行動実行委員会』です。

水道橋駅前で戦争反対をアピールする宣伝行動や首相官邸前・自民党本部前などで抗議行動等を行っています。

我々の想いは一貫して『殺される労働者の立場に立ち戦争に反対しよう!』です。

2022年2月からウクライナ戦争は激しさを増し、両国では無数の労働者が殺されています。

この戦争に日本は事実常、欧米に加担し、米紙タイムでも岸田氏が「長年の平和主義を捨て去り、自国を真の軍事大国にすることを望んでいる」と紹介され戦争推進の旗を振ろうとしています。

戦争は兵士を戦場に送らなければ成り立ちません。
しかし、軍人・徴兵・志願兵など全ての兵士は労働者です。
ウクライナでは労働組合を解体して兵士を増員していますが、戦争を止める事が出来るのも労働者ではないでしょうか?

また1番の被害者も労働者です。
主義主張は違えどお互い殺し合っているのは末端の労働者で政治家・軍高官は前線には行かず安全な場所で指揮し資本家や銀行家は軍需産業で膨大な利益を得ています。

兵士が労働者ならば労働者には戦争を止める力もあります。
一人一人がバラバラの状態では抗力は発揮できませんが、万国の労働者が団結すれば停戦・終戦する事は可能です。

もちろん戦争だけでは無く、身近な職場の色々な問題(解雇・サービス残業・ハラスメント各種など)でも労働組合は解決する力は有ります。
職場に労組組合が無くても、また1人からでも大丈夫です!

全労働者組合ホームページ