連絡先 03-3234-1816 メール問い合わせ

労働条件切り下げ/倒産

労働条件切り下げ/倒産

●景気が悪いから来月から給与を下げると一方的に言われた
A.一方的な労働条件の切り下げ(不利益変更)は許されることではありません。

労働条件を不利益変更する場合は、合理的理由が必要ですし、労働者に対する説明義務が経営者にはあります。

1番の対処方法は労働組合を結成して会社と交渉する事です。
黙っていたら合意したと勘違いされてしまいます。間をおかずに交渉を申し入れることが肝心です。

●突然会社が倒産した。賃金、退職金はどうなるの?
A.中小企業の倒産が続いています。

倒産直後の対応で労働債権(賃金、退職金)が確保出来るか出来ないか大きく結果が違って来ます。

また、例え会社の資産が何もない時でも国による「未払い賃金の立替払い制度」を利用できる場合もあります。

倒産の場合は一にも二にもスピードが命です。

全労働者組合ホームページ